クリクラ

クリクラが値上げをするのはどうして?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

クリクラが値上げされるの?

RO水、つまり逆浸透膜装置により、最も安全とも言われる綺麗な水を提供しているクリクラですが、日本列島を襲う値上げラッシュ、もちろんこれは日本だけでなく、世界中に共通していることなのですが、物価の高騰により、各企業がこれまで以上のコスト増に直面しており、このままの価格据え置きでは、会社が傾いてしまう大きな懸念に状況になっています。

それでクリクラとしても、今回値上げせざるを得ないという経営判断であり、多くの企業がそれをしていることで、値上げをしやすい環境になっていることも後押しとなって、値上げという選択になっています。

これまでクリクラを利用してきた人たちにとっては、残念なお知らせであり、ウォーターサーバーというのは、なくても生活をしていくことはできるので、ひょっとすると解約が増えてしまうかもしれないという懸念もあります。

クリクラのなにが値上げされるの?

クリクラの値上げされるものは何でしょうか。

それはウォーターボトルの水です。

旧価格では12リッターサイズのウォーターボトル1本の値段は税込みで1460円でしたが、それが値上げされて1590円と130円アップということです。

これまでもクリクラは、少しずつ値上げをしてきたのですが、今回の130円アップというのは、やや数字が大きいように感じます。

ちなみにこのボトルよりも小さいタイプで6リッタータイプの場合には、860円から930円へのアップで、こちらは70円のアップとなっています。

この値上げが高いと感じるか、このくらいであれば許容範囲であると思えるかどうかは、各個人により違いがあるでしょう。

いずれにしても、クリクラ利用者にとっては、嬉しくないニュースであり、これを受け入れることができるかどうか、迷う人もいるかもしれません。

【ここまで読んでいただいた方に朗報!】

初めてウォーターサーバーを導入しようと考えているけれど、、、

たくさんありすぎて決められない!

出来ることなら安全にそして安く済ませたいし、、

サポートもしっかりしているところがいい、、、

なんてワガママ叶えたいですよね。

わかります。私自身も子供や家計のことを考えて、悩みに悩んで時には失敗もしました。

みなさんには私と同じような失敗をしてほしくないので、

今まで体を張ってトライしてきた数々のウォーターサーバーの中から、

ベストオブベストを紹介しちゃいます!

やっぱりここが一番、安心・安全・ママにも優しい、クリクラ

弊サイトでも度々紹介してきましたが、

たくさんのウォーターサーバーを利用してきて、結局クリクラが一番でした笑

クリクラは下に上げるような嬉しい特徴がいっぱい!

安い:サーバーレンタル料・宅配料無料。月額費用は、大手他社と比べても最安値圏で、お財布にやさしい!

安全チャイルドロック機能や災害時の転倒防止ワイヤーを標準装備。 年1回の定期メンテナンスでパーツ毎に分解洗浄・点検するのはクリクラだけなんです!

おいしい:独自の浄水機能を利用したピュアなお水に良質なミネラルをバランスよく含んだ口当たりのよい、まろやかな軟水は、 赤ちゃんのミルクや離乳食にも最適で、お料理の味を引き立てます。

便利:全国約500拠点に配置された専任配送員が定期的にボトルをお届け・回収してくれます。重い買い物も必要なし!ペットボトルのゴミ出しも不要です。

お得:ご購入ごとに2%のポイントがたまるクリクラポイント、エコやサステナブルな商品、全国の人気ご当地商品など交換できます。

サーバーや浄水方法なども選べて、みなさんのニーズに合わせてウォーターサーバーを設置できるのはクリクラだけです!

ぜひこちらからお試ししてみてください!↓

\ 新規申込みでクオカード3,000円プレゼント /
クリクラ公式サイトはこちら

他にもご紹介!

浄水型ならここ一択!! エブリィフレシャス

洗練されたデザインでインテリアと一体化できるのはここだけ! プレミアムウォーター

クリクラ値上げの理由は?

クリクラが今回このような値上げをしたのはどのような理由でしょうか。

公式サイトの発表からわかることは、原材料価格の高騰という面と、人件費、そして物流費の上昇が背景にあるということです。

確かに、これらの要因が重なっていることを考えると、これまでと同じサービスを維持しながら、コスト増を企業として負担し続けるには限界があるということで、理解できることです。

そして当然のこととして、値上げをすれば、顧客を失う可能性があるというリスクも承知した上での決定であるということです。

クリクラはサービス業ですので、サービスを高い水準に保つためには、それなりのコストをかける必要があり、それを維持するための値上げということです。

そして長引く物価高騰の中で、ここまで値上げをせずに頑張ってきたことを評価することができるのではないかと考えます。

クリクラだけではない同業他社も値上げしてる?

ウォーターサーバー会社であるクリクラが値上げをしたわけですが、同業他社はもっと早くから値上げをしているところが多いです。

例えば最大のライバルであるアクアクララは、2021年にすでに値上げをしていますし、ハワイアンウォーターもやはり昨年である2022年に値上げをしています。

その他の業者も続々と値上げをしており、主に物流費の高騰が大きな要因になっています。今後もこの流れが続いていくことが予想されます。

クリクラは、値上げをしたものの、それでも同業他社よりは低い価格を設定していますし、関連する費用が安いので、やはりランニングコストという面では魅力のあるウォーターサーバー会社の1つと言えます。

根強いクリクラファンは多いですし、地域に密着したサービス業を続けており、そのクオリティを落とさないことで、企業として前進し続けて欲しいものです。

クリクラの値上げをポジティブに考えることができる?

クリクラ利用者にとっては、ボトル1本の料金の値上げは本当に残念なお知らせであり、毎月何本も注文している家庭では、それ相応のコスト増が発生することになりますので、ネガティブな面しかないと思いがちですが、この値上げをポジティブに捉えたいものです。

クリクラが値上げをすることで、本来の企業として利益をしっかりと生み出すこと、サービスのクオリティを高めること、貴重な人材を確保するための賃上げができるようになること、それが日本経済にとって上昇する要因になり得ること、30年以上続いた不景気や物価の下落、その他停滞していた経済活動すべてに変化を生じさせることができることです。

クリクラ利用者には痛みが伴うのですが、それにより生み出すものも多くなることを理解して、この値上げをポジティブに捉えていきたいものです。

【こちらの記事もおすすめ!】

お子さんや妊婦さんに、ぜひ使ってほしい、めちゃくちゃお得な特典!

クリクラにはなんと、、あたりがあるって知ってましたか??