クリクラ

クリクラのサーバーの種類とスペックの違い。その選び方とは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

クリクラのサーバーの種類、クリクラ卓上型と床置きの違いはどこにある?

ウオーターサーバーのクリクラには、主に卓上型ともう1種類である床置き型の2種類があります。

卓上型とはクリクラによると別名でS型と呼んでいます。

S型は卓上型と文字に表現されるとおりにデスク、テーブル、台などの上に設置するための型です。

ボトルとサーバーが一体化した状態で背丈の低さ、サイズ感がコンパクトであることが特徴です。

一方で、2種類目にあたるウオーターサーバの床置き型とはクリクラでは別名L型と呼んでいます。

L型ではサーバーの底を床に設置させておくタイプのサイズ感が特徴です。

クリクラではクリクラサーバーLのサイズが(幅)305×(奥)350×(高)990。
クリクラサーバーSのサイズが (幅)270×(奥)460×(高)510。

外形寸法(mm)というサイズで比較すると、奥行きは卓上型である低身長のS型が大きくなります。

極めてL型の床置き型よりもS型である卓上型の方が高さが480cmも低くなります。

置き場所からLとSでどちらが都合が良いか決めていきます。

クリクラサーバーの種類、床置きL型と卓上型S型のスペックの比較は同じ?

クリクラサーバーの床置きL型と卓上型S型のスペックの比較は同じかというと、スペック次第で同じと、違うが混ざります。

クリクラ式に表現したクリクラサーバーLとクリクラサーバーSの種類のスペックは、ほぼ同じ、あるいは少し違うだけです。

SとLで同じスペックは、

メンテナンス費用
月に一度の定期メンテナンス費用で5000円程。あんしんサポート料では月額400円程。

■サーバーレンタル料
無料

一方で寸法以外のSとL少し異なるスペックはお水の内容、重、消費電力です。床置き型であるL型の方が若干大きく、多くなります。

■お水ボトルの内容S
冷水:2.2L 温水:2.0L

■お水ボトルの内容L
冷水:2.3L 温水:2.0L

Sの重 約15kg
Lの重 約16kg

■消費電力

L 冷水:73W 温水:450W
S冷水:75W 温水:350W

卓上型(S型)、床置き型(L型)にもそれぞれ種類があるため、このほかにも細かなスペックに違いが出てきます。

【ここまで読んでいただいた方に朗報!】

初めてウォーターサーバーを導入しようと考えているけれど、、、

たくさんありすぎて決められない!

出来ることなら安全にそして安く済ませたいし、、

サポートもしっかりしているところがいい、、、

なんてワガママ叶えたいですよね。

わかります。私自身も子供や家計のことを考えて、悩みに悩んで時には失敗もしました。

みなさんには私と同じような失敗をしてほしくないので、

今まで体を張ってトライしてきた数々のウォーターサーバーの中から、

ベストオブベストを紹介しちゃいます!

やっぱりここが一番、安心・安全・ママにも優しい、クリクラ

弊サイトでも度々紹介してきましたが、

たくさんのウォーターサーバーを利用してきて、結局クリクラが一番でした笑

クリクラは下に上げるような嬉しい特徴がいっぱい!

安い:サーバーレンタル料・宅配料無料。月額費用は、大手他社と比べても最安値圏で、お財布にやさしい!

安全チャイルドロック機能や災害時の転倒防止ワイヤーを標準装備。 年1回の定期メンテナンスでパーツ毎に分解洗浄・点検するのはクリクラだけなんです!

おいしい:独自の浄水機能を利用したピュアなお水に良質なミネラルをバランスよく含んだ口当たりのよい、まろやかな軟水は、 赤ちゃんのミルクや離乳食にも最適で、お料理の味を引き立てます。

便利:全国約500拠点に配置された専任配送員が定期的にボトルをお届け・回収してくれます。重い買い物も必要なし!ペットボトルのゴミ出しも不要です。

お得:ご購入ごとに2%のポイントがたまるクリクラポイント、エコやサステナブルな商品、全国の人気ご当地商品など交換できます。

サーバーや浄水方法なども選べて、みなさんのニーズに合わせてウォーターサーバーを設置できるのはクリクラだけです!

ぜひこちらからお試ししてみてください!↓

\ 新規申込みでクオカード3,000円プレゼント /
クリクラ公式サイトはこちら

他にもご紹介!

浄水型ならここ一択!! エブリィフレシャス

洗練されたデザインでインテリアと一体化できるのはここだけ! プレミアムウォーター

クリクラサーバーの種類、省エネサーバーとは?

クリクラ省エネサーバーとは、従来のサーバーよりも電気代を削減することが可能になるサーバーの種類のこと。新型シーズヒーターが熱効率をアップさせます種類です。

【クリクラ省エネサーバーのスペック一覧】

初回金額が7,700円/台(税込)解約時の返金なし
サーバーレンタル料は無料


外観寸法はクリクラ省エネサーバーLで(幅)287mm×(奥)357mm×(高)993mm
クリクラ省エネサーバーSでは(幅)270mm×(奥)452mm×(高)538mm

がクリクラ省エネサーバーLで約16kg
クリクラ省エネサーバーSが約15kg

消費電力はクリクラ省エネサーバーLで冷水:80W、温水:300W
クリクラ省エネサーバーSが冷水:90W、温水:300W

はクリクラ省エネサーバーLで冷水:2.3リットル温水:2.0リットル
クリクラ省エネサーバーSで冷水:2.3リットル温水:1.85リットル

電気代はクリクラ省エネサーバー約756円/月
メンテナンス サーバー洗浄(年に1回、専門スタッフによるサーバーメンテナンスを実施)

クリクラサーバーの種類、マルチサーバー クリクラShuwaとは?

マルチサーバー クリクラShuwaとは、新しく登場した種類で強炭酸水が常に飲めるという種類です。

床置き型の外観寸法がほかの床置き型よりも大きめ、重めが特徴です。

(幅)326mm×(奥)437mm× (高)1034mm
約34kg

そのほかマルチサーバー クリクラShuwa特有のスペック

バーレンタル料は2,200円(税込)/月
あんしんサポートパック料(460円(税込)/月)含む

炭酸カートリッジ
3,850円(税込)/5本入り

冷水で5℃~10℃ 、 温水で80℃~90℃再加熱機能:91℃~93℃

冷水で2.0リットル
温水では1.5リットル
炭酸水が1.6リットル

炭酸強度
平均3.5GV(実測時最大値は4.2GV)

強炭酸を飲むための操作方法はボタン一個プッシュするだけ。
冷水温水も従来使用できます。

マルチサーバー クリクラShuwaの種類の機能的な魅力はどんなところ?


クリクラウオーターサーバーの新しい機種である「マルチサーバー クリクラShuwa」、温水冷水のほかに「強炭酸水」が常に飲めるサーバーの種類には、いくつかの魅力を備えています。

■強炭酸水においてガスボリュームが高い
炭酸水に含有される炭酸ガスの含有が多い。ガスボリュームという単位で平均的に平均3.5GV含有されている。

■電子式取水の機能
「炭酸水、冷水温水の取水、再加熱、チャイルドロック」はタッチ式での操作パネル操作が可能です。

■再加熱機能
取水可能なお湯温度が90度を超えます。

■チャイルドロック
お子様ほか解除の難しいロックを実現している。

殺菌用UVC LED(Klaran WD)搭載で流水殺菌ユニットに
冷水の取水時には常時UV 殺菌を行うことができる。

従来の床置き型の種類にないスペックの特徴が魅力です。


【こちらの記事もおすすめ!】

お子さんや妊婦さんに、ぜひ使ってほしい、めちゃくちゃお得な特典!

クリクラにはなんと、、あたりがあるって知ってましたか??